最先端の医学

病院

早期発見の難しいがんの初期状態

がんは体の至る所に転移してしまう病になります。その理由としては、まずがん自体が体の中にある無数の細胞の中で遺伝子異常が起き、突然変異したものになるためです。そのため体であればどこにでもできてしまう恐れがあります。さらに、がんの発見は難しく、小さながん細胞自体では些細な影響しかでてこないため自覚症状も薄いものとなります。しかし、どんどん大きくなってくるとその症状も激しくなり、わかった時にはすでに大きな状態としてかなり厄介なものとなる訳です。最近のがん治療の研究はこうした問題を解決させるために最先端の医学とたくさんの学会などで研究が日々行なわれています。

がん治療の進歩とこれからの発展

がん治療は従来ですと、腫瘍の切除や除去といった外科的処置、抗がん剤による点滴で行なう内科的治療の2つが主に行なわれていました。しかし、医学の進歩と共にがん治療も変わってきて最近では免疫細胞に働きかける免疫治療や、がん細胞の遺伝子自体の増殖をブロックすることに効果のある遺伝子治療という高度な治療にまで発達してきているのです。これらのがん治療は従来の抗がん剤に比べて副作用が弱く、髪の毛が抜けたり免疫が落ちたり吐き気を催すこともないため、患者の負担を減らすこともできるのです。また遺伝子治療によるがん治療は効果が現れるのも2週間から3週間程という身近な期間で発揮されるため、がんの成長スピードにも対抗できる治療となっています。このような治療が生み出されたのも日々、寝る間を惜しんで研究に励んでいる学者や医師たちのおかげともいえますし、がんに負けないよう必死で戦っている患者がいることが要因といえるでしょう。